ホーム > プラザについて > 目的と役割

プラザについて
[ここから本文]

目的と役割

1.整備の目的

市民生活の基盤である家庭と地域社会が、共生と相互扶助の理念に基づき自立・連帯してまちづくりに取り組むために、また「生涯を通じて誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすまち」を実現するために、

「福祉・保健・医療の連携による地域福祉と健康づくりの新たな拠点として整備」

2.基本理念

「健やかな家庭を築き地域の連帯が高まるよう支援する場」を基本理念とし、「生きがいのある暮らし」、「健康な暮らし」、「ふれあいのある暮らし」、「安心・快適な暮らし」という4つの基本テーマが家庭や地域において実現され、この施設を通して市民一人ひとりが健康で、互いに連帯し支えあい高めあうことができるよう整備。

[イメージ図]健康を核とした多目的福祉施設と夜間救急医療センターの複合化で、基本理念、4つの基本テーマの実現を目指します

3.基本機能

基本理念をもとに、健康づくりや医療の整った環境の中で、市民が健やかな家庭と福祉の心を育みながら、主体的に福祉活動に取り組み、地域福祉活動と障害者支援を活発に実践する場となるよう整備。

[フロー図1 基本理念]健やかな過程を築き地域の連帯が高まるよう支援する場。「生きがい」「健康」「ふれあい」「安心」に満ちた暮らしを実現するための基本機能へとつながっていく
[フロー図2 基本機能]〔役割1〕健やかな家庭と福祉の心を育てる場〔役割2〕市民の主体的な活動の場〔役割3〕地域の福祉活動をささえる場〔役割4〕障害者の社会参加を支える場〔役割5〕夜間救急医療と検診の場
[イメージ図]健康づくりを軸に、役割5を基盤として役割1から4が軌道上で機能する

「地域の福祉活動」や「障害者の社会参加」は、「健やかな家庭・福祉の心」、「主体的な活動」を中心とする軌道上にあり、これらを支え貫く軸として「健康づくり」を位置づけ、「充実した救急医療」「検診の場」は、この健康を守るための基盤となります。

4.機能の体系

5つの基本機能ごとに、2〜4つの項目を中心として、互いに連携を図りながら展開します。

「健やかな家庭を築き地域の連帯が高まるよう支援する場」

[イメージ図]この図では5つの役割を(A)から(E)とし、それぞれが軌道上で連携している
(A)健やかな家庭と福祉の心を育てる場。[中心項目] 家庭や地域で共に支えあう意識を向上する場、人と人とのふれあいの場、健やかな心と健康の大切さを学ぶ場、福祉意識啓発の情報提供の場(B)市民の主体的な活動の場。[中心項目] 市民の福祉活動を活発にする場、生きがいづくりの場、自ら健康を管理する場、健康、福祉情報を提供する場
(C)地域の福祉活動を支える場。[中心項目] 地域福祉の人づくりの場、家庭と地域の福祉ネットワークを支える場、地域に関する情報基地としての場(D)障害者の社会参加を支える場。[中心項目] 障害者自らの生きがいづくりの場、障害者の自立を支援する場、障害者の様々な活動を支援する場
(E)夜間救急医療と検診の場。[中心項目] 夜間の初期救急医療の場、検診の場