ホーム > プラザについて > 施設の概要

プラザについて
[ここから本文]

施設の概要

1.施設概要

完成後の施設全体の概観イメージ図
  • 建設地 : 沼津市日の出町389-2 及び424-1
  • 敷地面積: 約4,800平方メートル
  • 建築面積: 約3,300平方メートル
    ・プラザ棟: 約2,000平方メートル
    ・駐車場棟: 約1,300平方メートル
  • 床面積: 約8,900平方メートル
    ・プラザ棟: 約6,200平方メートル
      (多目的福祉施設: 約5,400平方メートル
     夜間救急医療センター: 約800平方メートル)
    ・駐車場棟: 約2,700平方メートル
  • 構造規模: 地上5階鉄骨造

2.基本方針

『市民生活の基盤である家庭と地域社会が、共生と相互扶助の理念に基づき自立・連携してまちづくりに取り組むために、また「生涯を通じてだれもが住み慣れた地域で安心して暮らすまち」を実現するために、福祉・保健・医療の連携による地域福祉と健康づくりの新たな拠点として整備。』

(仮称)ぬまづ健康福祉プラザ整備基本構想より

3.基本設計のポイント

(1)「活動」・「空間」・「運営」を考える市民参加

  • 利用・運営検討会議の開催
  • 未来へつながる対話のプロセス
  • 継続的なワークショップ

(2)オープンプラン

  • 活動を限定しない空間
  • わかりやすい平面計画
  • 将来のレイアウト変更に柔軟に対応

(3)やさしい建築

  • 省エネルギー・省資源など環境に配慮(太陽光発電・雨水利用・屋上緑化など)
  • 室内に自然を取り込み連続する活動空間を創出(各所にテラスやニワを設置)
  • ユニバーサルデザイン・安全性の追及
  • 災害等緊急時の安全の確保

(4)情報発信

  • ソフト、ハード、ヒトによる情報発信
  • 各所に情報発信スペースを設置
  • 様々な活動が外部から見える演出

4.各階の概要

1階から5階の各フロアのレイアウト図
プラザ01(1階)
施設の模型の写真1

展示ギャラリーなどを配置

施設の模型の写真2

外部デッキ、喫茶コーナー等

学園通りに面した西側部分が多目的福祉施設、隣接する東側が夜間救急医療センターとなります。
多目的福祉施設のメインエントランスは西側で、南北にもサブエントランスを設けています。建物は、学園通りからセットバックさせ、外部デッキや情報板などで豊かな歩道空間を演出するとともに、通りから内部の様子が見えることで、市民が気軽に訪れることができるようにしています。内部には、総合案内、喫茶コーナー、展示ギャラリーなどを配置しています。
夜間救急医療センター(内科・小児科・外科)のメインエントランスは南側で、北側にもサブエントランス(救急車入口)を設けています。大規模地震災害にも対応できるよう、レントゲン室、操作室には床免震システムを採用しています。
駐車スペースは、施設南側の進入路に面し10 台分を確保するほか、敷地の一番東側に94 台収容の自走式立体駐車場を別棟で設置しています。

プラザ02(2階)
施設の模型の写真3

健康増進室、情報スペース等

生きがい活動室、健康増進室、情報スペースのほか、相談機能を充実させるため4つの相談室とOAルームをはじめとする5つの会議室などがあります。
なお、立体駐車場から入館できるよう、デッキ通路を2箇所設けました。

プラザ03(3階)
施設の模型の写真4

共用ミーティングコーナー

施設の模型の写真5

誰もが気軽に利用できる施設配置

中央に、誰もが利用できる共用ミーティングコーナーを配し、これを取り囲むように福祉ボランティア活動室、障害者支援活動室、地域福祉活動室などを設け、ワンフロアで一体的な福祉活動を可能とする施設配置としました。
なお、プライバシーや音を考慮して、会議室として使用できる共用ミーティングブースも配置するほか、約100団体分の共用ロッカーを設置しています。

プラザ04(4階)
施設の模型の写真6

多目的ホール

300人収容の多目的ホールは、集会や講演会・音楽会のほか、可動椅子の収納により、室内での軽スポーツや体験実習なども行うことができます。また、多目的室は、主催者控え室や授乳室としても利用可能です。

プラザ05(5階)
施設の模型の写真7

ふれあい交流室と芝生広場

子育ての相談・支援やボランティア実践の舞台となるふれあい交流室です。子供用トイレや手洗い、ベッドなどを設置し、ミルクをあげたりなど乳幼児や子育て中の母親、障害者にも優しい空間としました。また、南側と北側に芝生広場を設置し、子どもたちが自然に親しむことができるようにしています。

5.その他

(1)外観

施設の模型の写真8

活動の様子が外部に見える

施設の模型の写真9

テラスやニワ

  • 外部に活動の様子が見えます。
  • 各所に設けたテラスやニワが建物に変化を与えます。
  • 西側には西日をカットする竪ルーバーを、南・北面には視線を制御するルーバー手すりを設置しています。
  • 日影に配慮し、建物4階と5階部分を南側へセットバックしています。

(2)構造

●基本方針
東海地震を想定した静岡県構造設計指針に準拠し、耐震安全性を確保しています。
● 架構
フレキシビリティーに富んだオープンプランを実現するために、鉄骨構造を採用し、大きなスパンとしています。
● 基礎
杭基礎とし、地表付近での地震時の液状化を考慮して、杭上部に耐震性能に優れた鋼管巻きの既製杭を採用しています。

(3)機械設備

● 基本方針
地球環境への負荷を抑制するために、建物の負荷を効率的に処理します。
● 空気調和換気設備
天井高を確保し、オープンプランを活かすため、床吹出空調システムを採用しています。
● 給排水衛生設備
緑化部分の散水用として、ポンプやろ過設備を使用せずに雨水利用を行っています。

(4)電気設備

● 基本方針
使いやすさ(操作性)、省エネルギー性を考慮したシステムを採用しています。
● 自家発電設備
災害時を想定して自家発電装置を設置しています。
● 太陽光発電設備
自然エネルギーの有効活用を図っています。